So-net無料ブログ作成
検索選択

スギちゃん 本名




・スギちゃん 本名

ワイルドだろぉ」が今年の流行語大賞に選ばれたピン芸人スギちゃんの本名ってなんて名前なんだろ?とふと疑問になったので調べていました。



最近では、来年には消えてしまうピン芸人と囁かれはじめ、スギちゃん自身も覚悟しているようで自虐ネタにまでしている感じがありますが、改めてスギちゃんの名前って知らない人の方が多いのでは?

「スギちゃん」とい愛称が固定化してしまっている感じもありますしね。

という訳で、誰にも聞けないことでも教えてくれるインターネットで調べてみました。

スギちゃんの本名は、「杉山 英司」というようです。

以前は、名古屋吉本でコンビで活動していましたが解散し、その後は2011年11月21日まで、杉山えいじという芸名で活動していたようです。

その後、今の芸名「スギちゃん」として活動しているようです。

本名も分かりすっきりした感じもありますが、来年のスギちゃんは噂通りテレビの世界から消えてしまうのでしょうか?

消えてしまいそうな感じがプンプンしますが、どうやらそうでもなさそうなんです。

こんな記事を見つけました。↓

----------スギちゃんが消えないであろう理由---------

「ワイルドだろぉ」が今年の流行語大賞に選ばれたピン芸人スギちゃん(39)。
先日の表彰式では、一発ギャグが大賞に選ばれた芸人が翌年消えるというジンクス
「そんなの払拭するぜぇ!」とワイルドに一蹴してみせた。

かつて「グ~」で流行語大賞をとったエド・はるみ(年齢非公表)がてんぐになり
露出が減ったことを反面教師にしているのか、先月のある芸能イベントでは、
芸能界を生き抜くための処世術を見せつけた。

「スギちゃんが内田裕也と囲み会見に応じた時のことです。報道陣がスギちゃんをイジって、
スギちゃんもそれに乗っかり現場が笑いに包まれていた中、裕也さんが突然、某紙の記者を指差して
『何を笑ってるんだ! どこの社だ』と怒り出しちゃったんです」(関係者)

報道陣も主催者も内田の怒りようにあっけにとられ、内田の関係者でさえも
「何か勘違いしてるんだと思います。すみません…」とオロオロするばかり。
内田の怒りは収まらず、標的となった記者は何のことから分からないまま、「ちょっと来い!」と別室に呼びつけられたという。

「裕也さんは控室で散々暴れて帰ったそうですが、結局怒りの原因は誰にも分かりませんでした。
身に覚えのない怒りをぶつけられ釈然としないまま原稿を書いていた記者のもとに、
『ウチの裕也がすみませんだぜぇ』と聞き覚えのある声がして記者が顔を上げると、
深々と頭を下げるスギちゃんがいたそうです」(前同)

某テレビ局スタッフも「芸人には珍しく、1ミリの勘違いもない気配りの人。
超の付く緊張しいで、ワイルドキャラをすっかり忘れ肝心なところが全部カットになったり、
キャラに意識をとられ過ぎてスベったりとトークはイマイチだが、業界にはファンが多いから
すぐに消えることはない」と太鼓判を押す。

-------------関連記事はここまで------------

気配りが良く業界人からはかなり好かれているようですので大丈夫のようですね。

「ワイルドだぜぇ~」に変わる新ネタを早く聞かせてほしいですね。

変わらず活躍することを願っています。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。