So-net無料ブログ作成

宇梶剛士 伝説




e41f59d6-s.jpg
ボーイズ・オン・ザ・ランが最終回を迎えることもあり、出演している「宇梶剛士」トレンドとして話題になっています。

宇梶剛士さんと言えば気になるのが、昔の伝説ですよね。

宇梶剛士の伝説はたくさんありますね。

例えば、

宇梶剛士伝説①
日本最大組織とされたブラックエンペラーの7代目名誉総長

ブラックエンペラーの三多摩地区のヘッドを経て7代目名誉総長になったようです。
当時は白の特攻服を着て活躍していたみたいです。正面から殴りかかってきた人には正座させ、説教して土下座させたのは有名な話しですよね。
もちろんボコボコにしてからみたいですが・・・

宇梶剛士伝説②
小学6年の時に自分をシメに来た中学生の先輩23人を全員タイマンで返り討ちにした。

この情報の詳細は不明です。
ただ、この頃から体格も良く、大きな声ということもありかんり目立った存在だったそうです。

宇梶剛士伝説③
野球の名門校高に入る。スカウトも見に来る程の強肩ピッチャーだった。

これも本当の話しのようです。
拓殖大学第一高等学校でかなり将来を有望された選手だったそうです。プロ球団もスカウトに何度も足を運ぶほど有望されていたようです。
ただ、その高校時代に友人達と暴力事件を起こし少年鑑別所に入っています。
出所後に高校を中退しています。

宇梶剛士伝説④
大工やとび職となったかつての元暴走族仲間が、宇梶が人気俳優としてブレークしたのを喜び、彼に新築一戸建ての家を建ててくれた。

宇梶剛士伝説⑤
100人相手に喧嘩して勝った。

めちゃシンプルな伝説で嘘っぽいですが、本当の話しだそうです。
テレビでも少しだけ触れられていました。
宇梶剛士さんによると、「先頭のヤツを瞬殺したら近くにいたヤツが逃げ出して集団心理でみんな逃げ出した。」と語っていました。
そんなバカなって感じですね・・・

これも本当の話しです。
これは本人が何度かテレビで話ししていますね。
暴走族だったころの友人達は、今でも仲良くしているようです。

宇梶剛士さんの伝説は本当に信じられないようなことが語られていますが、そのほとんどが真実のようですね。
暴走族時代の宇梶剛士さんは生きる伝説だったようです。

喧嘩の仕方もかなり激しく、アバラや鼻・歯をベキベキに折り、湖に放りなげることが結構あったようです。

特に背後から殴りかかってくる相手や武器を持っている相手には容赦しなかったようですね。

単車の熱いエンジンに顔を押し付けて焼きつけたり、本当に殺すギリギリもで見極めて喧嘩するほど「喧嘩の鬼」だったようです。



ブラックエンペラーの入会式の様子が少しだけですが動画でみれます♪







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。